FC2ブログ

平屋なお家…束石兄弟

2010年04月14日 03:43

‘平屋なお家’は工事も順調に進み、只今玄関庇の工事を行っておりますがもう少し前の工事を振り返ってみましょう。今日はその庇の足元にあたる部分の束石工事を振り返ります。
普通束石と言えば既成品もあったり、注文で石屋さんに綺麗にカットしてもらったりします。しかし今回‘平屋なお家’ではちょっと変わったことにチャレンジしました。


                 kaitaimae1.jpg           tukaisi 3        

写真左の小屋は、今回の工事で解体された小屋です。この建物は随分古く昭和10~20年代位に建てられたものだそうです。その解体途中に基礎に使われていた敷き石が出てきました(写真右) 石にはその土地の魂が宿っているといわれています。長い間その土地、家に仕えて頑張ってきました。どうせならまたその地に建てるお家の為にもうひと踏ん張り、もう二踏ん張りしてもらいたいという願いを込めて束石という形で生まれ変わらせました。

                 tukaisi2.jpg           tukaisi 1

もちろんその石を生まれ変わらせるのも簡単ではありません。石の特性を知り、技術がなければ出来る事ではありません。そこで登場したのが庭師である野中さんです。
大きな石から一つ一つ手作業で石を割っていき形成していきます。気が遠くなる作業です。
今回束石は3個据えたのですが、3日掛かりました。 しかし、時間を掛けた分だけ良いものができました。石の特徴を生かし、一つ一つが色んな表情を持ってます。一つは素直そうな石、もう一つは悪ガキそうな石、そしてもう一つは真面目そうな石。全部が全部違う表情を持ってます。
これぞ名付けて ‘束石3兄弟’
これからこの3兄弟はそれぞれで頑張って行ってくれるでしょう。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yasudaiku2.blog11.fc2.com/tb.php/140-89b4aa4b
    この記事へのトラックバック